ルヌガンガの見学・宿泊・予約情報!ジェフリーバワが40年以上こだわって造られた理想郷

この記事はスリランカの熱帯建築家・ジェフリーバワが40年以上にわたって大切に造り、愛着をもっていた別荘、ルヌガンガ(Lunuganga)の見学(庭園)と予約、宿泊情報について書いています。

スリランカ旅行のホテルを検討したり、ジェフリー・バワに興味のある人は是非お役立てください。

他のバワ関連スポットやバワのホテル情報については別の記事をご覧ください。

ルヌガンガ(Lunuganga)とは?

ルヌガンガ(Lunuganga)は、1948年、ジェフリーバワ29才のときに購入した約6ヘクタールの土地に造った広大な庭園、バワの別荘です。

コロンボ市内の「№11(ナンバーイレブン」が仕事のために過ごしていた個人邸兼仕事場とすれば、ルヌガンガは、自分が週末を過ごすために作った理想郷。

設計の年代も1948年~98年と、40年以上の長い時間の造園、増改築を重ねてできあがり、バワの建築家としてのキャリア、ジェフリー・バワという人間が凝縮された場所です。

ルヌガンガは、ジェフリーバワが建築家となるきっかけになった場所でもあります。

土地の購入当初、法律家だったバワはルヌガンガを理想郷に作り上げようとしましたが、建築の知識がなかったために満足ゆくように進められなかったと言われます。

そのことをきっかけとして、知人の勧めもあり、バワは30才を過ぎてロンドンで建築を学び始めました。

ロンドンで建築を学んだ後、38歳のときにスリランカで建築家としてのキャリアをスタートしました。

▲「ザ・ハウス」と呼ばれるメイン・コテージ。バワはここで食事を取り、打合せをしました。ルヌガンガでは親しい人々だけを招いて過ごしたと伝えられます。

▲「ザ・ハウス」の内部。一つ一つの家具、調度品にバワの好みが反映されています。

ルヌガンガの見学

ジェフリー・バワに興味がある人は宿泊せずとも、見るだけでも価値がある場所と言えます。

特別な日を除き、原則は毎日午前9時30分、午後14時の2回、ルヌガンガのスタッフによる約1時間のガーデンツアー(庭園見学するツアー・英語)が実施されています。

団体で特別予約をしていないかぎり、他の一般外国人観光客と合同となります。

ルヌガンガはジェフリーバワ財団(Geoffrey Bawa Trust)が管理しており、ガーデンツアーの前に昼食(12:30~)を予約することもできます。

ガーデンツアーは財団のホームページに「事前予約不要」と記載がありますが、催事や他の団体の予約状況で受け入れが中止となる可能性もゼロではありません(※)。

事前にツアーの実施を電話などで確認しておくことが望ましいです。

(※)ルヌガンガにはお客様対応のスタッフは、キッチンスタッフを含め2~3名程度しか常駐していない模様です。急な変更で見学できなかった場合もルヌガンガ側は一切責任を負わないと考えた方がよさそうです。

ルヌガンガでは、バワがいた当時のスタッフが現在も働いており、同じレシピで食事(事前予約が必要)が提供されています。

決して豪華とは言えないものの、スリランカの生活に根ざした家庭料理のように美味しいルヌガンガでの食事。

ルヌガンガ最大の見どころは庭です。

広大な敷地の中には世界各国から持ち帰ったアートが配され、若き日に憧れたイタリア、留学先だった英国のカントリーハウスの要素が取り入れられ、バワがヨーロッパから受けた影響を強く感じ取れます。

また、バワは数々のホテルや内装のアイディアを、まずは試作品にして自邸で試したと言われます。

ルヌガンガでもそれを垣間見ることができます。

いつも小鳥がさえずり、野生リスやオオトカゲ(イグアナ?)が動きまわる庭園。

この場に立つと、きっと「バワの理想郷」の意味を実感することでしょう。

バワはルヌガンガのいろいろな所にお気に入りの居場所を作りました。

たとえば、陽が沈む夕方6時になると、湖をのぞみながらジントニックのグラスを傾けていた石垣の腰かけ。

アフタヌーンティーを飲み、竹林の池から吹く風を感じる場所・・・。

お気に入りの場所にはイスとテーブルを配置し、時間とともに刻々と変わっていく空気や風景を楽しんでいました。

f:id:travelbug:20180413095904j:plain

敷地内には古びた鐘が所々あり、たとえば、喉が渇いたときに冷たい飲み物を飲みたいときは、この鐘をならして使用人を呼んだといいます。

▲ザ・ガーデンズ・ハウス。こちらは見学のみ可能な建物(宿泊不可)。バワの趣向が色濃く出ている部屋の一つ。

生前の遺言に基づき、火葬され、ルヌガンガの見晴らしの良いシナモンヒルにバワは眠ります(いわゆるお墓ですが、仰々しい墓標のようなものはない)。

ルヌガンガでの宿泊

ルヌガンガでは宿泊も可能です。

バワの個人宅として作られ、実験的なデザインを試す場でもあったため、設備や使い勝手、快適性はあまり良いとは言えず、テレビ、ミニバー、WIFIなどはありません。

ホテルのような洗練されたサービスや便利さも期待できません。

しかし、バワの暮らしの一部を追体験し、バワをより身近に感じることができるでしょう。

部屋数も少なく(ルヌガンガ6部屋以内=修復状況次第)、予約はかなり前から埋まっていることも多いようです。

各部屋のサイズや仕様や内装はすべて異なり、それぞれに特徴的です。

ホテル予約サイトで比較 agodaBooking.com

予約サイトによって部屋名が明記されている場合といない場合があります。

確実に部屋指定をしたい場合、ルヌガンガ(バワ財団)のサイトから直接申し込む方法があります(予約フォームに部屋を指定する欄あり)。

ルヌガンガ側の状況次第では、ホテル予約サイト(agodaやBooking.comなど)よりも、支払や取消条件が厳しい場合もあるようです。(予約する部屋数や混み状況次第かもしれません)

グラスルーム(Glass Room)

その名のとおり、部屋の側面がガラス(Glass)で覆われ、日中は自然光が差し込み、明るく開放感のある部屋。シングルベッドが一つ(約30㎡)。

ヘリタンスカンダラマホテル6階の「カンチャナ・レストラン」の内装のもとになった部屋。部屋の両側が一面ガラス。カーテンを閉めることもできます。

ゲートハウス スイート(Gate House Suite)

ルヌガンガの入口近くにあるため、ゲート(Gate=門)ハウスと呼ばれています。ダブルベッドが一つ。

かつてバワの建築アシスタントが住んでいた場所で、個性的な内装や家具です。実際に人が住んでいた部屋ということもあり、心地よさのある部屋です。

ギャラリールーム(Gallery Room)

バワの美術品コレクションを保管、展示していた部屋です。ダブルベッドが一つ。

ギャラリーとして利用していた部屋のため、宿泊用としての使い勝手はさほどでありませんが、部屋の広さは一番です(別室の地下ギャラリーを除いて60㎡程度)。

現在も美術品が部屋に配され、別室のリビングが連結されています。本当にギャラリーに泊まっているような気分になる部屋です。

ギャラリールームの地下へ続く別室。リビングスペースとしても利用できる。

ゲストルームスイート(Guest Room Suite)

メインコテージの内部。バワが友人たちを招いた際の客室として使われていた部屋。メイン・コテージ「ザ・ハウス」の内部、一画にあります。

ダブルベッドが一つ。バワのシンボルカラーである「白と黒」を基調とした部屋に、バワのセンスが光る家具や調度品が置かれています(約40㎡)。

▲出典(Photo Source) Geoffrey Bawa Trust

シナモンヒルハウス ルーム(Rooms in Cinnamon Hill House)2部屋

ルヌガンガのメインハウス(ザ・ハウス)から徒歩6~7分。この棟だけ少し離れた場所にあります。

かつてのシナモンを栽培していた丘の上にあるため、シナモンヒルと呼ばれます。

建物内部で2部屋がオープンスペースで繋がっている部屋(各部屋が隔離されておらず中で連結)。

ヘリタンス・カンダラマやジェットウィング・ライトハウスの試作として作った家具、調度品が残ります。

▲出典(Photo Source) Geoffrey Bawa Trust 

ゴールにジェットウィング・ライトハウスホテルと同じ黄色の壁が印象的。シャワールームも個性的です。

シナモンヒルズ2部屋の屋根付きの共有スペース(屋外)。電灯のデザインはバワ設計のいくつかのホテルでも見ることができます。(試作)

場所・アクセス

ベントータ近郊、内陸地の奥まった場所にあり、路線バス等の公共交通では行けません。

大型バスは通行できない道幅のため、スリーウィラー(三輪自動車、現地でのタクシーみたいもの)などの小型車で行く方法となります。

▲ルヌガンガの少し手前の道

▼▼あわせて読みたい▼▼