ヘリタンス アフンガッラの魅力:建築の特徴、部屋、施設情報

ヘリタンス・アフンガッラ|インフィニティプール

スリランカに行くなら、必ず泊まりたい熱帯建築家・ジェフリーバワのホテル。世界のインフィニティプール発祥の伝説のホテル「ヘリタンス・アフンガラ(アフンガッラ)」の魅力、部屋情報などを書いています。

スリランカ旅行のホテルを検討したり、ジェフリー・バワに興味のある人は是非お役立てください。

他のホテル・関連のスポットの情報は別の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ヘリタンス・アフンガラとは?

ヘリタンスアフンガラ(Heritance Ahungalla)は、1979-1981年建造。

バワ設計当時のホテル名(旧名)は「トライトン」ホテルです。

世界の「インフィニティプール」発祥の地。

「インフィニティプール」とは、エッジを水平線のように切ってあり、海や湖を借景に水面が一体化したように見えるプール。

プールのふちに手すりなどの視界を遮るものがなく、目の前に広がる景色と繋がっているように見えるプールのことです。

現在、日本の温泉も含め、世界中のホテルで数多く取り入れられています。

マリーナベイサンズ(シンガポール)のインフィニティプール

▲世界のインフィニティ・プールの中で最も知られているものの一つがシンガポールの「マリーナベイサンズ」ホテル。

高層ビル群をのぞむ地上200mの天空プールが人気です。

スポンサーリンク

アマンリゾートのもとになった伝説?

インフィニティプールは、ただ「泳ぐための施設」だったスイミングプールが、「リゾートの仕掛け」として発展した、今日のブームの原点です。

ジェフリーバワの建築が語られる際、「アマンリゾート(※)のもとになった」とか「アマンリゾーツの創業者エイドリアン・ゼッカに多大な影響を与えた」と言われます。

(※)アマンリゾート(アマンリゾーツ):東南アジアを中心に欧米や中国などで、部屋数を抑えた贅沢で小規模なリゾートを展開している超高級ホテルチェーン(1泊10万円とか)で、富裕層に支持されている。

しかし、ジェフリー・バワ自身はアマンリゾートのホテルを設計していません。

にもかかわらず、そのように評されるのは、インドネシア、バリ島の「アマンダリ」のプールの存在と言われます。

ヘリタンスアフンガッラの8年後(1989年)に開業したアマンダリは、背景となる自然をふくめた“バリの村”というコンセプトで、背景の緑と水面が一体化して見えるインフィニティ・プールで知られます。

オーストラリア出身の建築家ピーター・ミューラーの設計ですが、オリジナル・アイディアがヘリタンスアフンガッラだったというわけです。

アマンダリ(バリ島)のインフィニティプール

▲アマンリゾーツ「アマンダリ」のインフィニティ・プール(出典:アマンダリ

スポンサーリンク

バワスポットを巡る絶好のロケーション

バワ研究の第一人者、デイヴィッド・ロブソン氏の「Geoffrey Bawa: The Complete Works」日本語訳版)によれば、バワが手がけた建築プロジェクトとして、合計約70件が掲載されています。

その中で、バワのホテルは南西海岸、スリランカ屈指のビーチリゾート、ベントータ周辺に集中しています。

ベントータ、カルタラ、アフンガッラ、ワドゥワ、ベルワラといった地域です。

ヘリタンス・アフンガッラは、その中心地とも言える場所に位置し、バワのホテル巡りや必見スポットを訪れる拠点としても利用しやすい場所にあります。

特にバワに関心の強い人に好評なバワの別荘「ルヌガンガ理想郷」、バワに多大な影響を与えた兄、ベヴィスの庭園「ブリーフガーデン」を訪れる拠点として絶好のロケーションです。

スポンサーリンク

バワ建築としての特徴と魅力

ヘリタンス・アフンガラの魅力は、まず、なんと言っても、白を基調とした風通しのよりロビーまわりの爽やかさ、インフィニティープールの視覚的な美しさではないかと思います。

それから、ホテル内の随所にジェフリー・バワの工夫が見られるところもいいですね。

新しいホテルではなく、全体的にはオーソドックスな、定番的な雰囲気なのですが、名作建築の落ち着き、色あせないオシャレさ、居心地の良さが共存している感じです。

ホテルですから「居心地のよさ」って大事ですよね!

ヘリタンス・アフンガッラ|ロビー

ホテルへ到着し、車を降りて、エントランスへ向かいます。

すると、そのときにロビーから見えるインフィニティプールと海の景色が感動的!!

かっこえ~!(思わず、かっこいいという声が漏れる・・)

ヘリタンス・アウンガッラのインフィニティプール

プールサイドに立つと、水面の先に砂浜が見え、さらにその先に海が続いているのがわかります。

さらにプールの水面からの視線になると、砂浜の線は消え、プールの水面と海が重なって見えてきます。

バワが狙った視覚効果!!炸裂。

さすが熱帯建築の祖。

最先端の建築家たちがお手本にしているだけありますね。

さらに朝、昼、夕、晩では異なる光があり、それぞれ違った風情が出てきます。

時間帯によって変わる景色、見え方も計算に入れて設計したというのですから、すごいこだわりが隠されているわけですね!

ヘリタンス・アフンガッラ|ロビー

客室へ上がってゆく階段の白い壁は、描かれたバワの友人芸術家、ラキ・セナナヤケによるスケッチ画です。

開業後、ホテルは改装されていますが、ここはバワのオリジナルが残る空間の一つだそうです。

ヘリタンス・アフンガッラ|ロビー

同じく友人の芸術家ラキ・セナナヤケによる白壁のレリーフ。

椰子の木がモチーフでしょうか?さわやかな白壁に描かれた熱帯を象徴する植物。

ヘリタンス・アフンガッラ|ロビー

ロビーの奥の黒いオブジェは、旧トライトン・ホテルのためにバワが設計したエレベーターです。

工事中は資材の運搬にも使われ、今は、ホテル装飾の一部として、ロビーの壁に残しているとのこと。

ヘリタンス・アフンガッラ

バワのシンボルカラー「白と黒」。

幾何学文様が多いバワにしては、こういう渦巻とか豹柄のように見える文様は、ちょっと珍しいですね。

他のバワのホテルでは、あまり見かけないように思います。

ヘリタンス・アフンガッラ|

涼しげな中庭に通ずる空間。その中から空に向かって大木が生えていました。

その土地との一体感、満載!

ヘリタンス・アフンガッラ|

ロビーから各部屋に通ずる回廊の横。

ここも吹き抜けになっていて、白の内装とあわせって涼しげです。

建物の随所にバワらしさが感じられて、とてもフォトジェニック!

ヘリタンス・アフンガッラ|

こちらはバワホテル定番の「坪庭(つぼにわ)」。

機能性(通気性、ゲストの快適性)の良さだけでなく、見た目にもインパクトがあります。

再び、屋外とつながってる感。

ヘリタンス・アフンガラ、バワの隠し味がたくさん!です。

スポンサーリンク

おすすめの部屋タイプは?

部屋のカテゴリー

デラックスルーム(約28~35㎡)/部屋数32

定番の部屋。当ホテルのスタンダードクラスにあたる部屋です。バスタブなし

プレミアムデラックスルーム(約28~35㎡)/部屋数36

デラックスルームとほぼ同じですが、部屋の窓からの景色がより良い部屋です。バスタブなし

ラグジュアリールーム(約43~45㎡)/部屋数15

部屋が広めです。バスタブあり

スイート(約57~65㎡)/部屋数5

ジャグジー付きのバスタブ、リビングがあるスイートルーム

ラグジュアリースイート(約79㎡)/部屋数4

広いバルコニーとリビング、バスタブもある、このホテルで一番贅沢なスイート

予約サイトで比較 Booking.com

agodaExpedia 

デラックス・ルームの様子

この部屋はバワのデザインがオリジナルに近い状態で残っています。木の感じや家具にもバワらしさが出ています。

部屋の内部はオーソドックスかつシンプルで使いやすいものです。部屋のあたりハズレは、比較的少ないでしょう。

特別な場合でない限りは「デラックス」や「プレミアムデラックス」で充分快適に過ごせるように思います。

ただし、バスルーム(浴室)はバスタブ(浴槽)のないシャワーのみのため、、長期滞在の場合はバスタブ付きのカテゴリーの検討余地が出てくることでしょう。

予約サイトで探す Booking.comagodaExpedia

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルーム

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルーム

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルーム

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルーム

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルーム

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルームのシャワー

ヘリタンス・アフンガッラ|デラックスルームの洗面台

ヘリタンス・アフンガッラ|部屋からプールを望む

部屋のバルコニーからの眺め。

スポンサーリンク

設備・レストラン

プール

ヘリンタンスアフンガッラにプールは2つあります。

一つがメインの「インフィニティプール」。もう一つは「レジデンツプール」という小さめのプールです。

プールエリアのスタッフに声をかければ、タオル、サンベッド、パラソルはもちろん無料で使うことができます。

ヘリタンス・アフンガッラ|インフィニティープール

▲メインの「インフィニティプール」。午前8時~夜8時まで利用可。

ヘリタンス・アフンガッラ|プール

▲メインの「レジデンツプール」。宿泊者専用。午前8時~夜8時まで。

プールサイドのバーではドリンクや軽食を買うことができます。

レストラン、カフェ、バー

飲食は、ジュート・レストラン(JUTE RESTAURANT)、アッパールーム・レストラン(UPPER ROOM RESTAURANT)、マスタード・コーヒーショップ(MUSTARD COFFEE)、バー(BARS)の4か所です。

ジュート・レストランは朝食、昼食、夕食。

アッパールーム・レストランは夕食時にオープンし、カフェやアルコール・ラウンジとしても利用されています。

ヘリタンス・アフンガッラ|

ヘリタンス・アフンガッラ|レストラン

▲アッパールーム・レストラン 出典:ヘリタンスアフンガッラホテル

場所・アクセス

南西沿岸部、ザ・ブルーウォーターのあるワッドゥワと、ジェットウィング・ライトハウスのあるゴールの中間あたりに位置します。

有名観光地のゴール・フォート(世界遺産)までは約40km。車で2時間くらいです。(ゴールまではスピードを出せない道のため、距離に比して時間がかかります)

ジェフリーバワのホテルに限らず、バワの別荘「ルヌガンガ」やバワの兄の邸宅「ブリーフガーデン」などにも近く、バワホテルやバワスポットを訪問する際、便利な拠点です。

▼▼あわせて読みたい▼▼

スポンサーリンク