スリランカ、ジェフリーバワ建築を巡る

この3~4年、スリランカの建築を見る旅がとても熱いです。観光や名所旧跡、世界遺産を見るだけでなく、ホテル建築を見たり、ホテルの宿泊そのものを目的にスリランカを訪れる人が増えています。

ジェフリーバワは、少なくとも近年に至るまで、建築史の中であまり大きく注目されてこなかったように思えます。それはバワが国会議事堂のような公共建築も手がける一方、代表作の多くがホテル建築だったことによるものかもしれませんし、また、ホテル建築において、長らくヨーロッパスタイルの建築やインテリアが重んじられてきたということもあろうと思います。しかし、この数年、スリランカ出身のジェフリー・バワの建築への関心が高まっています。

ジェフリー・バワについて

ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa、1919年-2003年)は、裕福な家庭に生まれ、子どもの頃から世界中を旅してきました。イギリスへ留学して法律を学び、27歳でスリランカへ帰国するも、再び世界放浪の旅にでかけ、その旅の途中で建築に目覚めました。建築家としてのキャリアをスタートしたのは38歳のときでした。

スリランカのジェフリー・バワの建築(以下、バワ建築)の中でも最も目を見張るのは、そのホテル群です。高級ビーチリゾートで知られるアマンリゾーツの創始者、エイドリアン・ゼッカー氏もが最も影響を受けたといわれています。

f:id:travelbug:20180320120737j:plain
画像出典 https://archnet.org/authorities/56

興味深いことは、バワの建築は、建築の専門家(しかも、かなりの経験を積んでいる人)のみならず、一般の旅行好き、ホテル好きなど、幅広い層に愛されていることです。ヨーロッパなど、他国の名建築に比べて、その傾向がかなり強いのです。

また、バワ建築は、写真で見るのと、実際にその場に立つのとでは、大きく印象が異なることも特徴です。「ヨーロッパの有名建築は、写真で見た通りのことが多いが、バワ作品は実際にその場に訪れてみると、写真でみて想像したのは違うスケール感や空間だ。」という感想をいただきます。

スリランカで実際にバワ建築を見学したり、バワ設計のホテルに宿泊することは、予めガイドブックや写真で入手した「情報確認の体験」でなく、「発見とインスピレーションが湧く体験」となることでしょう。

ジェフリー・バワ公式サイト http://www.geoffreybawa.com/

スリランカの気候、最適な訪問時期

スリランカは、インドの南。インド洋に浮かぶ島国で、面積は北海道よりも小さな国です。敬虔な仏教国として知られる国です。インドの南東に浮かぶ島国スリランカは、赤道に近い熱帯に位置し、熱帯性気候に属します。年間を通じてほとんど気温が変わらず、島の中央部の高原地帯を除けば、一年中夏のような気候です。

例年、訪問時期として人気があるのは、雨量の少ない12月~3月です。しかし、ハイシーズンの2月は世界各国から、ジェフリー・バワのホテルに宿泊したい観光客が集中するため、ホテル代が高騰したり、ホテルによっては、数か月前でないと、部屋の予約取れないといったケースも多くあります(特にバワの週末用の邸宅、ルヌガンガ)。

f:id:travelbug:20180320151656j:plain

▲2月のスリランカ(シギリアロック)にて

ジェットウィング・グループ(Jetwing Group)

スリランカには「ジェットウィング」と名の付く宿泊施設が数多くあります。ジェットウィング・グループ(1980年に始まったファミリー企業群)は、スリランカのホテル事業と旅行事業を専門的に扱うスリランカ観光産業のリーディングカンパニー。ホテル以外に、ヴィラタイプの宿泊施設も十数軒あり、幅広事業展開をしています。

ジェットウイングの創業者、ハーバート・クーレイ(Herbert Cooray/現会長ヒーラン・クーレイの父親)は、バワが建築家となってまもなくの頃から施主として仕事を発注しており、二人は親しい間柄にありました。そのため、ジェフリー・バワが設計したホテルの建築のいくつかは、現在も、ジェットウィング○○という名前で営業しています。

Jetwing 公式サイト http://www.jetwinghotels.com/

スリランカを周遊する方法

個人旅行かツアーか。それぞれの利点があります。一つのホテルに長く滞在し、ゆっくり過ごすなら、個人旅行がおススメです。一方、限られた期間になるべく多くの場所を訪問し、見聞を得る場合はツアーがおススメです。

また、ジェフリー・バワ建築最大の見どころの一つでもあるルヌガンガ(バワが週末を主に過ごした邸宅)は、宿泊者以外、見学することができません(宿泊しない場合は庭園部分のみの見学が可能)。また、ルヌガンガの全6部屋の内部を見ることも、ツアーで全室を貸し切っている場合でないと難しいので、ご自身の目的をはっきりさせると良い旅ができるでしょう。