ジェットウィング ライトハウスの魅力:建築の特徴や部屋情報

ジェットウィング・ライトハウス|レセプションエリアからの眺め

スリランカの熱帯建築家・ジェフリーバワのホテルで最高建築と言われる「ジェットウィング・ライトハウス」。その人気の秘密を知りたくありませんか?この記事ではその魅力やおすすめの部屋情報などについて書いています。

スリランカ旅行のホテルを検討したり、ジェフリー・バワに興味のある人は是非お役立てください。

ジェットウィングライトハウスのレストランやプールなどの施設情報は別の記事に書いていますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

ジェットウィング・ライトハウスとは?

ジェットウィング・ライトハウス(Jetwing Lighthouse)は1995-1997年建造。約63部屋(スイート3部屋を含む)のこじんまりとしたホテルです。

ジェフリー・バワのこだわりが随所に出ている、バワ後期の最高傑作ホテルと言われています。

ジェットウィングライトハウス

ホテルの入口門はゴール・フォートを模したもの。

ジェットウィングライトハウス

一見(外見)、普通のホテルのようにも見えますが、名作建築がもつ不思議な魅力、居心地の良さのあるホテルです。

部屋の内装など一部はリニューアルをされていますが、その土地の自然景観に溶け込んでいるところは、まさにジェフリーバワ建築!!

スポンサーリンク

世界遺産ゴール・フォートにも近い

世界遺産ゴールフォートの入口

ゴール(GALLE/ガル、ガッラとも呼ばれる)は14世紀にアラブ人の貿易地として発展した港町。

その後、ポルトガル、オランダ、イギリスなど、支配者がたびたび変わってきた複雑な歴史をもっています。

世界遺産ゴールフォートには、ヨーロッパ様式(コロニアル建築)の街並み以外にイスラム(アラブ人)の影響も残り、スリランカ内陸部の主要観光地とは異なるエキゾチックな雰囲気があります。

ゴール・フォートには、おしゃれなカフェやホテル、お土産なども豊富なので、スリランカ旅行では必ず訪問したい場所の一つです。

ジェットウィング・ライトハウスからゴール・フォートまでは約3km。

スリーウィラー(自動三輪車、近距離利用のタクシーにあたる移動手段)で約10分以内という好ロケーションです。

街中の喧噪から離れた海辺のホテルでありながら、主要観光地に近いという程よい距離感です。

スポンサーリンク

バワ建築としての特徴と魅力

ジェットウィング・ライトハウスの魅力は、なんと言っても、ジェフリー・バワによるデザイン(外観、内装の設計)ではないかと思います。

バワ後期(晩年)の設計だけあって完成度が高く、「ジェフリーバワの集大成」のようなホテルです。

おどり場、ロビー、庭、ホテル内のところどころに配置されたテーブルや椅子に、バワのこだわりが見られます。

そのこだわりが主張していなくて、隠し味のように、ひそかに散りばめられているのがよいですね。

それでいてホテルは機能的にも快適で、落ち着き、居心地の良さがあります。

ジェットウィングライトハウスでは「大人の時間」を楽しめるのでないかと思います。

ジェットウィング・ライトハウス|階段

ホテル1階の入口を通過すると、まずこの螺旋階段を上がることに。

この風変わりなオブジェは、ゴールの歴史で「ポルトガル人とシンハラ人(スリランカ人)の戦い」を表したもので、バワの友人芸術家、ラキ・セナナヤケの作品だそうです。

ラキ・セナナヤケはスリランカ人でバワのもとで活躍しましたが、バワのホテルに華を加えている存在です。

ジェットウィング・ライトハウス|レセプションエリアと海の眺め

時間が止まったような視覚的なシーン。レセプション・エリアに入る前から望む景色。

全体的に落ち着いた大人の雰囲気のホテルという感じがします。

建築家やプロのデザイナーなど、玄人肌の人たちにも人気があるのもうなずけます。

ジェットウィング・ライトハウス|海沿いのオープンエアのラウンジ

レセプション・エリアをさらに進むと、ロビー兼ラウンジ兼レストラン・カフェとして使用されているエリアへ。

そして、目の前に荒々しく、ごつごつした岩場が登場!

波の音が穏やかに聞こえるときもあれば、岩場を叩きつけるような、恐いくらいに荒々しい音に聞こえることも・・・

ホテルの前のインド洋に沈む夕日が美しいです。

ジェットウィング・ライトハウスからゴールフォートの方向をのぞむ

ホテルの建物を含む敷地全体が「船の形」をしていて、上から見ると船の先端部分(上の写真)が世界遺産ゴールフォートの灯台の方向を向いてます。

上の写真のうっすらと見える岬がゴールフォート。ホテル名の「ライトハウス」は「灯台」の意味です!

こういう仕掛けもにくい!です。

ゴールフォートの灯台

実際のゴールフォートの灯台。

その土地の自然や景観と一体化したところがバワの真骨頂ですね!

スポンサーリンク

おすすめの部屋タイプは?

部屋のカテゴリー

建物全体の63部屋のうち、現状、スイートが3部屋。

以外の60部屋はすべてデラックス・ルーム。

3部屋のスイートは「テーマスイート」と呼ばれ、各テーマごとに内装やデザインが異なっています。

*「スピルベルゲンダッチ・スイート」
*「イブン・バトゥータ・モロッカン・スイート」
*「ファーフィエン・チャイニーズスイート」

3部屋のスイートの広さは114㎡(by 公式サイト)

 

「デラックス・ルーム」はスタンダードクラスにあたる基本カテゴリーですが、60㎡(by 公式サイト)あり、広々としています。

「デラックス・ルーム」内では、多少、部屋からのビュー(眺望)の違いこそあれ、部屋の広さや構造などは基本的にどこも同じとのこと。

当たりハズレがなく、安心して宿泊できそうですね。

通常の旅行利用なら(新婚旅行とかでなければ)、デラックスルームで十分快適、楽しめそうです。

超高級ホテルのような高い宿泊代ではないのに、デラックス・ルーム、とても快適で、いい部屋でした。

予約サイトで比較 Booking.com

agodaExpedia 

※2019年5月~7月にホテル全体または一部が「修復に入る」との情報あり

デラックス・ルームの様子

ジェフリー・バワのホテルの全体的な傾向でもありますが、内装には木を多用し、大人の落ち着いたデザイン。

テキスタイルや模様は、直線や幾何学文様のデザインがバワの好みだったらしく、比較的シンプルで、落ち着いたカラーです。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルーム

各部屋は広めで快適(60㎡)。落ち着けます。

細かいところまで目をこらすと、家具やランプ、ドアの取っ手部分も凝っているのがわかります。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルーム

昼間は窓を開けるとさらに開放的。バルコニーがあるのも嬉しいです。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームのバルコニー

バルコニーからは海とプールが。少々荒々しい波の音が聞こえてきます。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームからの眺望

部屋からの眺め①。

部屋の場所によっては、プールサイドの施設で遮られて海が見えないかもしれません。(特に写真左側、宿泊棟の中央寄り)

できれば、チェックインの際、フロントで「部屋の位置やビュー」も確認しておきたいところです。

もし他に空室があれば、同じカテゴリーの中で部屋の場所を変えるもらうことはできるでしょう。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームからの眺望

部屋から海の眺め②。

ジェットウィング・ライトハウス・クラブの入口

ジェットウィングライトハウスの横の敷地には「ジェットウィング・ライトハウス・クラブ」が連結しており、プールサイドから通じています。(入ることができます)

こちらの「ジェットウィング・ライトハウス・クラブ」はバワの愛弟子のチャンナ・ダスワッタ設計の別ホテルです。

バワのコンセプトを引継ぎながらも、現在のニーズとトレンドを組み込んだラグジュアリーホテルです。

予約サイトで比較 Booking.com

agodaExpedia 

備品

ポットとひと通りティーセット。スリランカらしく、紅茶が充実。ジンジャーティーのティーパックも。

湯沸しポットは自動で止まらず、沸騰後、スイッチを切り、手動で止めていました。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの備品:ティーセット

左上は瓶入り無料のミネラルウォーター。

瓶を利用しているのはリサイクル(再利用)のため。

リサイクル(再利用)はジェットウィング・ホテルズ・グループの基本方針で、他のジェットウィングのホテルでも同様です。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの備品:ミニバー

ミニバー。近くにスーパーなどはないので、ゴール・フォート近くのフード・シティ(FOOD CITY)、アプリコ(APRICO)といったスーパーで調達して冷やしておくと、お得。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームのクローゼット:アイロンとガウン

オレンジ色の服はガウン。欧米人はプールが大好きなので、このガウンを着てプールサイドでゆっくりしている人も多かったです。

アイロンとアイロン台まであるとは。長期滞在でも困らないということですね。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの備品:サンダル

サンダルがあるのも嬉しい。

年間を通して気温が高く、年間を通じてプールに入れるスリランカでも、ホテルによってはスリッパがなかったり、濡れると不快な布製のものだったりすることもあります。

履きなれたクロックスなどがあれば、とても便利ですね。

バスまわり、アメニティ

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの洗面台

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームのバスタブ(バスルーム)

バスタブ付き。しっかり熱いお湯もでました。バスタブのところにバスソルトとロウソクがありました。

ロウソクの使い方は不明ですが、アロマとか香りを楽しむための備品かもしれません。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの洗面台のアメニティ

コンディショナー類なども、ひととおり揃っており、不足はなし。

アメニティはすべて再利用のため瓶詰めとなっており、ボトルの持ち帰りは不可。

もち帰り希望の場合、レセプションで言えば、購入可能です。(ジェットウィング・ホテルズ共通)

ジェットウィング・ライトハウス|シャンプーセット

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの備品:ドライヤー、金庫(セーフティーボックス)

セイフティ・ボックスあり。ドライヤーは棚の中にありました。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームの電源コンセント

スリランカの電圧は240V。(日本は100V)

スリランカのプラグの形状は「BF(平太ピン3本)」や「B3(丸ピン3本)」、ヨーロッパ共通の「Cタイプ(丸ピン2本)」など、いろいろ。

日本の電源プラグ形状は「Aタイプ(平ピン2本)」で、そのままでは使えないため、プラグ形状の変換器が必要です。

Cタイプは世界の多くの国で利用でき、汎用性が高いプラグで、スリランカ以外のほとんど使うことができます。

ジェットウィング・ライトハウス|デラックスルームのトイレ

トイレはオーソドックス。清潔で使いやすいものでした。

スポンサーリンク

場所・アクセス

コロンボ空港から車(バス)で約4~5時間。(コロンボ市内からは3~4時間)

スリランカの鉄道は本数も少なく路線網も未発達で、列車は車やバスと比べ、交通手段としては必ずしも利便性が高いとは言えません。

長距離移動の場合、外国人旅行者は、車(タクシーや旅行会社手配の専用車)やバス利用が多いようです。

ホテルから有名観光地で世界遺産の「ゴール・フォート」までは約3km。

スリーウィラー(自動三輪車、近距離利用のタクシーにあたる移動手段)で約10分以内。

ホテルの前には、ジェットウィング・ライトハウスの宿泊客目当てのスリーウィラーが止まっていることが多いようです。

▽▽あわせて読みたい▽▽

スポンサーリンク