サヴォア邸(パリ):すべての現代建築の原点がここにある【ル・コルビュジエ建築】

 サヴォア邸|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの代表作と言えば、フランスのパリの「サヴォア邸」。

一見、ただの四角い建物にしか見えないこの建築。

今日に至るすべての近代建築のエッセンスが詰め込まれ、建築が好きな人なら必ず一度は見たいと思う住宅。

ユネスコの世界遺産にも登録されている偉大なサヴォア邸を紹介。

※最初に少し建築用語が出ますが、あとは簡単な言葉で書いています。最後に見学やアクセス情報も!

スポンサーリンク

サヴォア邸とは?

【世界遺産】サヴォア邸(Villa Savoye,Poissy) 工期:1928~1931年

保険・証券会社を経営した裕福なサヴォア家のためにル・コルビュジエが設計した邸宅。

20世紀の住宅の最高作品の一つで、フランスの歴史的建築物に指定されています。

サヴォア邸では「ピロティ」「屋上庭園」「自由な平面」「独立骨組みによる水平連続窓」「自由な立面」というル・コルビュジエが提唱した「近代建築の五原則(新しい建築のための5つの要点)」のすべてが実現したシンボル的存在。

今日の鉄筋コンクリートやガラス材を使った近現代建築の基礎となったものです。

サヴォア家は主に週末を過ごす場所として使用し、1940年まで住んだとのこと。

その後、第2次世界大戦中には干し草置き場として使用されたり、ドイツ軍やアメリカ軍の兵士による使用などで荒廃状態に。

一度は崩壊の危機に見舞われたものの、ル・コルビュジエの友人で、当時フランスの文化大臣だった元作家のアンドレ・マルローにより修復保存。

もとの姿を取り戻すことができました。

スポンサーリンク

サヴォア邸の見学

見学は、およそ1時間くらいがちょうど良いのでないかと思います。

外観

 サヴォア邸|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

7ヘクタールという広大な敷地の中、セーヌ川を見下ろす森に囲まれた丘に建てられています。

「田舎の上品な風景を楽しめる週末住宅」というのが、施主であるサヴォア夫妻からの要望でした。

依頼はほぼ「丸投げ」のような状態だったとか。

ル・コルビュジエは洗練されたエリートのための、規格化された住宅というイメージで取り組み、「近代建築の五原則」を実現させるもってこいの機会と捉えていたそう(結果として見積の2倍の費用がかかった)。

1フロアは約 400㎡。内部は明るく、広々とした解放感に満ちています。

 サヴォア邸|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

縦横比ほぼ同じ、シンメトリーに近いが、若干の縦長(横長)のプラン。

ル・コルビュジエは「家(サヴォア邸)は、何も妨げずにオブジェのように芝生の上に置かれている」と称しています。

サヴォア邸|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

北側の玄関ホール。道路沿いの門から敷地に入って反対側にあたる。

白い幾何学的な四角い箱のような建物が細いピロティによって持ち上げられています。

敷地に入り、建物をぐるりと周って内部へ入り、屋上テラスに至る。

 サヴォア邸|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サヴォア邸|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

建物の入口玄関と反対面。

1階から2階へ

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

手すりはグレーのリノリウム製(亜麻仁油とゴムをベースとしたコーティング)。

なだらかに2階へと続いてゆきます。

ル・コルビュジエが大切にした空間を連続的に体験する「建築的プロムナード(散歩道)」が巧みに構成されている場所。

スロープ、螺旋階段、トップライト、ピクチャーウィンドーなど、 ル・コルビュジエが提唱した建築言語の多くがこの建物内で実現されています。

当時、フランスで標準的だった建築様式(分厚い壁に小さな窓の薄暗い部屋)とは対照的に、明るく清潔で合理的な住空間。

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

らせん階段は地下室まで続きます。

2階部分の内観

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

▲▼2階のテラス部分。家の周囲を取り囲んでいる窓と壁が景色を切り取るフレームのようになっています。

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サヴォア夫妻の生活空間だった2階部分。当時としてこの大きなガラス窓のサイズは画期的だったことでしょう。

広く明るく開放的な反面、暖房が効きずらい、防音しずらいなどの課題もあったのだとか。

たしかにパリの冬は寒いので、サヴォア夫妻は戸惑った面があったでしょう。

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

浴室は主にゲストと息子たちのもので、2つの入口から入ることができるもの。

3階(屋上庭園)

サヴォア邸の内部|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サヴォア邸の屋上庭園|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

建築的プロムナード(建築的散歩道)の終着地である屋上テラスの「窓」は、サヴォア夫妻の自動車の窓を参照したものだそう。

サヴォア邸の屋上庭園|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

このプロムナードの中心になっているのがスロープ。

スロープが家の真ん中にあることで建物の強度に影響が生じ、漏水の原因にもなったとか。

完成後ほどなく雨漏りが始まり、修繕を繰り返すことになったと言います。そのメンテナンスにもお金がとてもかかった。

サヴォア邸の屋上庭園|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

屋上のサンルームに設けられた大きな窓。セーヌ川の方向をのぞむアングル。

サヴォア邸の屋上庭園|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サンルーム。風よけの壁でデザインされ、曲線は1階部分の曲線に呼応しているのだそう。

忘れていけない「庭師小屋」

サヴォア邸の庭師小屋|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

サヴォア邸・看板|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

入口に入ってすぐ右側。この小さな物おき小屋のような建物も、実は世界遺産!!

ユネスコの世界遺産リストには「サヴォア邸と庭師小屋」とあります。

管理人兼庭師のために作られたもので、大きな邸宅と対をなす「最小限住宅」の実践例となっています。

裏の意味として、この対比は富者と貧者の対比を意味し、ル・コルビュジエの実践が「万人」に向けられたもの、万人に通ずるものであることを示しているのだそう。

是非、見落とさずに!!

スポンサーリンク

入場見学情報

施設側の都合により、開閉館、料金、見学方法は予告なく変わることがあります。

実際の訪問、予約にあたっては、下記の公式サイト等で必ず最新情報を確認の上、お出かけ下さい。

サヴォア邸・看板|ル・コルビュジエ建築|フランス(パリ)

営業曜日・時間・料金

閉館日:月曜日および下記の日付

5月1日(メーデー)、11月1日・11日、12月25日~1月1日

営業時間
1月~4月および9月~12月24日は10:00-17:00
5月~8月:10:00-18:00

入場締切り時間は閉館時間の20分前

料金:8ユーロ

※館内には関連グッズを販売する売店もあります。

ガイドツアー有無(予約方法)

※ガイドツアーの予約も可能 問合せ(公式サイト)

スポンサーリンク

場所、アクセス

所在地:82, rue de Villiers, 78300 PoissyPh

RERのA線、Poissy(ポワシー)下車(パリから約30分)。ポワシー駅より徒歩で約20分。

ポワシー駅からバス利用の場合:50番のLa Coudraie行きのバス乗車。Villa Savoye停留所で下車。

スポンサーリンク

関連情報

サヴォア邸 公式サイト

ル・コルビュジエ財団サイト

よろしければこちらもどうぞ!