TDC「ミラノサローネ2018」セミナーへ参加

先日、五反田の東京デザインセンターが行っているTDCセミナーの「ミラノ・サローネ2018」セミナーへ参加してきました。

いろいろ興味深い話が聴けたよい機会でしたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミラノサローネ概要(来場者数)

ミラノ・サローネといえば、フランスの「メゾン・エ・オブジェ・パリ」、ドイツの「ケルン国際家具見本市」とならんで世界三大家具見本市の一つ。

例年4月に約1週間ほど行われ、来場者数も突出して多いイベントですね。

家具、デザイン、建築関係者以外に一般の業界人以外の入場者が多いことでも知られています。

参考までに各イベントの来場者数は下記のようなところ。

●ミラノ・サローネ(4月):来場者数・約34万人(6日間)・・・2018年は約43万人!

●パリ・メゾン・エ・オブジェ(1月・9月):来場者数・約8~9万人(5日間)

●ケルン国際家具見本市(2月):来場者数・約12万人(7日間)

※データ元:http://high-brands.com/interior-messe.php

スポンサーリンク

2018年ミラノサローネの日本からの出展

セミナーでは、TDC代表の船曳鴻紅さん自らがモデレーター。

2010年から7年にわたって出展しつづけている「カリモク家具」の担当者から現場の話をお聞きできました。

ミラノ・サローネ

画像出典元:ミラノサローネ公式サイト

ミラノ・サローネ

ミラノサローネのメイン:フィエラ(Fiera)

2018年、メイン会場のフィエラ(Fiera)に出展した日本企業は、下記の5社。

マルニ木工、飛田産業、リッツウェル、カリモクスタンダード、サンワカンパニー

2018ミラノサローネの実際映像をまじえて「日本企業がサローネを国内外の市場戦略の中でいかに利用しているか、利用できるか」についてのトーク。

またメーカーの立場から「ミラノサローネの効用」についてお聞きしました。

専門家だけでなく、一般の人にもわかるようにミラノ・サローネの全体像や基本情報もくださったので、わかりやすかったです。

出展にあたっての狙いや苦労話、トレンドなど、飽きることなく学べました。

特に出展3年目くらいから、来訪者の間で「社名やブランドが浸透してきた感触を得た」というところも参考になりました。

ミラノ・サローネ

ミラノサローネの場外編:フォーリ(Fuori Salone)

ミラノ・サローネの場外編として、メイン会場外、市内に点在する展示の総称がフォーリ(Fuori Salone)

今回、フォーリに出展する日本企業の話も。

ソニー、セイコー、パナソニック、河合楽器など、名だたる大企業の名を連ねます。

各社の出展会場は美術館、レンタル・アパート、カフェ、イタリア貴族の元邸宅など、それぞれ個性的。

野外博物館みたいで、ニューヨークなど海外で画廊(ギャラリー)めぐりをしているような錯覚になるほど。

楽しそうです。

ミラノのフォーリにて

ミラノのフォーリにて| 画像出典元:https://fuorisalone.it/2018/en/live-report/photos

あっという間の1時間半のセミナー。

学びと発見の多い有意義なセミナーでした。

 

2018年ミラノサローネ 関連記事▼

ミラノサローネ2018のマニフェストが発表。新作を発表するデザイナーと参加する日本企業にフォーカス

ミラノサローネ 2018 ブログ記事まとめ

インテリア情報サイト interior-joho.com